現在アメリカ合衆国における
シェアNo.1ブランドとして
確固たる地位を築いている「ペンズオイル」について、
その歴史を探ってみよう。

  • 1880年代

    人類が「自動車」という文明を生み出し、それを使用してレースという競争を始めたのは、約100年以上前のこと。このときから「PENNZOIL」ペンズオイルは、誰よりも速くチェッカーフラッグを駆け抜け、そしてモータースポーツの歴史に名前を刻むことを使命としてきた。ペンズオイルがレースを育て、レースがペンズオイルを作ったといっても過言ではないだろう。

  • 1930年代のイメージ画像
    1930年代

    1930年代、ペンズオイルは「ラッセル・スノーバーガー」のメインスポンサーとしてINDY500インディアナポリスサーキットに登場した。ラッセルはその後5年間、出場するすべてのINDYレースでトップ10に入賞し、輝かしい記録を残すことになる。
    この間に、INDYレースでは27名のドライバーたちが自ら進んでペンズオイルを選び、レースで使用し始める。ペンズオイルをレーシングオイルとして確固たる位置付けにしたといってもいいだろう。

  • 1960年代のイメージ画像
    1960年代

    一方、ペンズオイルは、ドラッグレースの黎明期からスポンサーとして全面的にオイルを供給し、ペンズオイルの「楕円マーク」はアメリカ中でドラッグレースの代名詞となるまでに浸透することとなった。
    そして急速に人気を博し一気にメジャーとなったドラッグレースNHRAにおいて、重鎮ドン・“ビッグ・ダディ”・ガーリッツ、コニー・カリッタ、ビル・“グランピー”・ジェンキンス、ドン・“ザ・スネーク”・プラドオム、ジャック・ラウシュといったNHRAのトップネームたち選ばれていくことになるのである。

  • 1970-80年代のイメージ画像
    1970-80年代

    1970年〜80年代、ペンズオイルアクロバティック飛行で名をはせた「U.S.エアロバティックチーム」と共に航空機コンペにおいて世界チャンピオンとなった。さらに、エディ・ヒルと11年間に渡りドラッグボートレースにも出場し、世界記録である「プロペラ駆動ボートによる最高速」=229mph(時速368km)を達成し、ギネスブックに掲載された。そして、この時代の高速ボートレースでは、「ペンズオイル Grade 70」なくしてはレースに勝てないとまで言われたものだった。
    1979年、ジム・ホールとアル・アンサーが「エアロダイナミクス」と「グランド・エフェクト」を応用した画期的なニューマシンで登場した。全身をペンズオイル・イエローに塗られたこのマシンは、近代フォーミュラレースカーの基礎となった最先端のデザインで、他を寄せ付けない圧倒的なパフォーマンスを示したのだった。翌年にはジョニー・ルーサーフォードがインディアナポリスで劇的な勝利を上げ、年間最優秀ドライバーにも選ばれたのだった。
    1983年からは、ペンズオイルはロジャー・ペンスケチームとコラボレーションを開始し、INDY500で優勝をかっさらう。その後ペンズオイルのINDY支配は続き、5年のうち4回の優勝という記録を残した。さらに1985年には、アル・アンサーがXART PPG インディーカーのワールドチャンピオンを獲得する。

  • 1990年代のイメージ画像
    1990年代以降

    ペンズオイルは1995年のナショナルチャンピオン、ジョニー・ペンソンを擁し、1996年のウィンストンカップ・ルーキーオブザイヤーを獲得した。もちろんこの年も、INDY500マイルレースのオフィシャルスポンサーとしてインディアナポリスを黄色に染めたのだった。
    その後、ペンズオイルはNHRAだけでなく、INDY500やNASCARのオフィシャルスポンサーとして、トラックサイドになくてはならないものとなっている。今でも多くの人がアメリカンモータースポーツ=黄色くて楕円のマーク、と共に脳裏に刻み込んでいるものがある。

    それがペンズオイルである。