TECHNOLOGY

テクノロジー

Shell PURE PLUS TECHNOLOGY

クリスタルクリアーなベースオイル

天然ガスを液体炭化水素にする事で、窒素や硫黄分などの不純物を含まないクリスタルクリアーなベースオイルに合成されます。粘度指数の高いベースオイルを採用することでポリマー(粘度指数向上剤)の使用を抑えることができます。エンジン内部の抵抗になるスラッジやカーボンの発生を抑えることで、燃費に貢献します。

POINT 1
優れた清浄性によりエンジン内部をクリーンに保ちます
POINT 2
優れた省燃費性を発揮します
POINT 3
優れた潤滑性能によりパワーロスを防ぎます
POINT 4
優れた耐摩耗性を発揮します
POINT 5
低温時におけるスムーズなエンジン潤滑と高温域での安定した潤滑を発揮します

天然ガスから作られる
革新的なベースオイル製造技術「Gas to Liquid」

シェルアドバンスの合成油はベースオイルの出発原料に不純物が極めて少ない天然ガスを採用しています。
このベースオイルをGTL(Gas to Liquidの頭文字から命名)といいます。GTLは原料に硫黄や窒素などの酸化を促進させる物質が少ないため、堆積物(スラッジ)の発生量が少なく、エンジン内部をきれいに保つことができます。また、化学的に合成して製造することで、潤滑油のベースオイルとして理想的な分子構造に設計されています。粘度指数が高く流動点が低いことが特長で、幅広い温度域で性能を発揮します。(※粘度指数が高いとは、温度に対する粘度の変化が少ないことを意味します)

GTLの特徴1
原油に通常みられる不純物を99.5%含まないベースオイルです
GTLの特徴2
粘度指数が高く、流動点が低いため、幅広い温度域で性能を発揮します
GTLの特徴3
耐蒸発性に優れており、オイル消費が低く補油の頻度を抑えます
シェルアドバンス

シェルアドバンス
GTL

鉱物油

一般的な
鉱物油

出発原料

天然ガス

矢印

原料特徴

不純物が少ない

矢印

技術

化学合成

矢印

分子構造

均一

矢印

オイル性能

堆積物が少ない

出発原料

原油

矢印

原料特徴

不純物が多い

矢印

技術

水素化精製

矢印

分子構造

不均一

矢印

オイル性能

堆積物が多い