SPECIAL CONTENTS

スペシャルコンテンツ

QUAKER STATE

コラム
2021/03/10

「ハイマイレージ」って知っていますか?

現代のクルマは仕事・買い物・レジャーと様々な場面で生活するうえには欠かせない乗り物の一つです。しかし、車のコンディションは走行距離や年数によっては1台1台と様々です。
大切なお車を乗り続けるためにはコンディションに合わせたメンテナンスが必要なことをご存知でしょうか。

●車のコンディションの変化

 

車の年数が伸びてきた
走行距離が多くなってきた
メンテナンスとして重要視しているのは車検時のみ
など…

そんなお声ありませんか・・? 実はそのお車「ハイマイレージ」なんです。

 

 ●「ハイマイレージ」ってなに?

「ハイマイレージ」とは、走行距離がおおよそ60,000kmを超えた、いわゆる「多走行」車両を意味します。

写真例:赤枠車両メーター

エンジンは走行距離の増加や走行条件など様々な状況下で負担が増していきます。そのため、「ハイマイレージ」車は新車のエンジンパフォーマンスと比較すると次第に性能が低下していることが多くみられます。
では、ハイマイレージ車両にみられるエンジンコンディションとはどのような状態があげられるでしょうか?

 

●「ハイマイレージ」車両にみられるエンジンコンディションとは?

 

主な原因
■エンジンの圧縮効率低下によるパワーダウン
■エンジン内部の金属摩耗によるオイル漏れ
■エンジンアイドリングの不調による異音・挙動
■エンジン不調による燃費ダウン

これらの症状が発生しているクルマには「ハイマイレージ」専用のオイルに交換し、エンジンを保護することで症状が軽減され、エンジン寿命の延長を図ることが期待できます。
それが「ハイマイレージ」オイル=60,000kmを超えた多走行車のための専用オイルです。

ハイマイレージ」とはもともとアメリカで生まれた用語であり、既に海外では広く一般的に浸透していますが、日本では馴染みが薄いのが現状です。
エンジンオイルの種類は多岐に渡りますが、多走行車専用に特化したオイルはまだまだ少ないのです。

次回は「ハイマイレージ」オイルについてご紹介致します。